YASUHIRO  独り言  

山と医療の本音トーク

Homeへ

1月27日(月)

アルペンルートが営業を終了した後の冬季の立山ワンディは毎年のように行っているが昨日の立山ははじめてワンディ先行者(髭男爵)がいた。これは燃えないはずがなかった。どこで追いつけるか?気合い入れまくりで彼を追った。

髭男爵は12月にもパートナーと立山をワンディしている。パートナーに至っては今シーズンすでに三度も立山をワンディしているというツワモノである。滝見台を過ぎてライトが見えた時は後先を考えずに猛烈にペースを上げた。すると彼もペースを上げて猛烈に逃げ切ろうとした。

これは彼の男気だと思った。ペースを落として早々に合流するのが普通だが逆に逃げ切ろうとするその気持が嬉しい。僕たちもその男気に応えて更にペースを上げて追い付いた。立山をこの時期単独でワンディしてやろうという人はこれくらいの意地がなくては達成できない。

僕たちは雄山山頂を目指していたときに何度も振り返って髭男爵を見ていた。山頂直下あたりで一ノ越に着いた髭男爵を確認したが後続三人とともに無事登頂できただろうか?

冬季立山には数々の思い出がある。大魔人との初めてのコラボは9年前の立山だった。激しい雨の中二人でチャリを回して雪に変わった立山をワンディした。厳冬期猛ラッセルして初めてワンディしたときのことは昨日のことのようだ。その後僕たちの記録を見て厳冬期に立山ワンディに挑戦する人も増えてきた。

しかし厳冬期の立山は甘くはない、特に一ノ越から上は氷でカチカチ、山頂からの山崎カール滑走も一歩間違えば命を落としてしまう。それでもまた今年も行きたいと思うのが立山である。

一ノ越からが核心

前爪が少ししか入らない氷の世界

山頂直下

奥社

兄ちゃんとゴール


1月26日(日)

今日はビッグディ、ならこの時期定番の立山へ行こう。当初ガンと兄ちゃんは日曜は不参加だったが立山と聞いてやっぱり行くとなった。YSHR、大魔人、ガン、兄ちゃん、パクの5人が勢揃いした。

深夜0時立山駅スタートの約束であったが、いつものように少しフライイングとなった。ちょうど立山駅で富山の髭男爵が30分ほど先にスタートして行ったとのことであった。美女平駅まで標高差500mほど皆ポンを担いでガシガシ登って行く。美女平駅まで残り標高100mほどから雪が出たが問題なくツボ足で駅に着いた。

髭男爵と相方はどちらも厳冬期の立山に単独で挑戦するくらい気合が入っている。富山のコンビと言えばカリスマ-スズケンが有名だが悲しいかなスズケンのモチは年々低下していて今や髭男爵コンビが飛ぶ鳥も落とす勢いである。

美女平駅からは前日入ったらしい三名のトレースと髭男爵のトレースがあった。今日は雪面が硬くてポンなら沈まないので歩きやすい雪面を進む。さて髭男爵はどこまで行っているか?滝見台を過ぎてライトが見えた。ロックオン、ギアを上げた、すると髭男爵もかなりペースを上げた。意地の激突、更にギアを上げてしばらくで追い着いた。お久しぶり、今日は細板ですか、それは楽しめないよ今日はポンの出番だよ、ただ単独とはさすがモチ高いね!

色々話をしながら一緒に歩いていくがこのバトルでかなり疲れたようで徐々に離れてしまい、しまいに見えなくなった。5時前に弥陀ヶ原に着くと前日入山パーティのトレースが消えた。どこかこの辺りでテント泊をしているらしい。この先僕たちがトレースを作っていく。

天狗平あたりはガスが濃かった。ようやく白んできて少し気が楽になった。ここで大休止して地獄装備とした。ここから一ノ越まではアップダウンを作らないルート工作が重要となる。室堂に7時過ぎ着いた。立山はガスで見えない。しかし徐々にガスが晴れその神々しい姿が顕になった。

一ノ越まではクトーでガシガシ、そこから先は氷の世界、アイゼンでガシガシ、パクを先頭に大魔人もガンガン先行した。YSHRと兄ちゃんは一緒に写真を取り合いながらマイペースで進む。振り返ると髭男爵と前泊三人パーティが遙か下を追従していた。

10時前奥社に到着、三名はすでに登頂していた。ここで山頂には向かわず一旦少し下って帰りのルートを偵察をした。スキーでエントリーして凍っていたら滑落してしまう。入念にルートを確認してこれならスキーで行けると確信して山頂まで板を担いで皆と合流。

素晴らしい大展望、今日も来て良かった。山頂からYSHRが先頭で山崎カールへ、皆が続く、山頂直下は嫌らしかったがすぐに雪はサラサラとなり激パウステージとなった。交互に写真を取り合いぐるりと回り込んで室堂へ、ここで地獄解除して後は美女平までボブスレーだった。美女平で板を担いで春のような陽気の立山駅に午後1時前に下山。

今日も完全燃焼、良い一日だった。厳冬期の立山も槍と同じで外せない。 厳冬期立山ワンディ詳細記録へ

23.43 464m 立山駅発
0.39 976m 美女平
3.20 1553m 弘法
4.52 1993m 弥陀が原ホテル
6.24 2360m 天狗平
7.16 2450m 室堂
8.41 2700m 一の越
10.01 3003m 雄山山頂着
10.26 3003m 雄山山頂発
10.51 2450m 室堂
12.16 976m 美女平
12.48 464m 立山駅

山頂ロックオン

雲上の僕たち

もうちょい

山頂の剣岳

山頂からGO

山崎カール


毎日が完全燃焼できる日々を過ごしたい、人生は長いようで短い

 

                             

HOMEへ