ブログ

2月27日(火)

胃腸科で開業して今年で25年目、一人で行った内視鏡検査は14万件ほどそのうち大腸カメラは63,000件ほど行って様々な大腸がんを発見してきた。多分県内の医師の中でも最も多くの大腸がんを見てきたはずである。大腸がんに関しては誰よりも詳しくてこれまでも様々な講演会で大腸カメラの必要性を訴えてきた。

今週土曜午後にも大腸がんの講演を行います。もし時間がある方は参加してみてください。子宮がんと乳がんの講演も入ってます。

 

                              

HOMEへ